FP3級が不合格だった理由。2011年1月受験してきた

fp3級テキスト

先日、ファイナンシャルプランナー3級のテスト(学科+実技)を初めて受けてきました。

ファイナンシャルプランニング技能検定(きんざいサイト)

テスト後すぐに発表された模範解答を見ながら自己採点したところでは、学科が合格、実技が不合格という結果でした。
実技もあと一問でクリアというところだったのでなんとも残念だった。

FP3級自己採点結果

午前学科 40点/60点満点(合格ライン36/60) →合格
午後実技 27点/50点満点(合格ライン30/50) →不合格

FP3級 不合格の理由と反省

・午前の学科の範囲がしっかりできれば、実技も問題なさそう。
・計算が必要な問題は、計算そのものはそれほど難しくないけど、公式(数は多め)はしっかり覚える。
・やはり準備不足。人によっては勉強期間1週間で受かった、とかいるみたいだが、自分にはありえないと思った。1ヵ月くらいは集中しときたい。
・勉強用ノートがわりにFP受験ブログみたいのを作ったのだが、うまく機能させられず、手書きで書いていくほうが記憶しやすかった。
・テキストは最新のものを使おう。ケチってブックオフで1年型落ちのテキスト使うとか、やめたほうが良い、と反省。
保険制度などひんぱんに変わっていくので、その時々で重要なトピックが違う。

目的とこれから

そもそも受験の動機はお金にまつわる勉強を始めておきたいと考えていて、その手始めにFP3級は負担が少なくてはじめやすそうだったこと。

FP3級でカバーしているテーマは大きなくくりだと、保険、税金、年金、不動産、資産運用、相続贈与の6つ。
勉強そのものがすごい面白いわけではないが、それでも生活する上で知っていたほうが便利ということも多かった。
個人的には、資産運用に興味が出てきた。
ただ、FP3級程度では、人にファイナンス全般についてアドバイスできるほどの技能は身につかない、ということもわかった。

とりあえずは、次回5月に再受験の予定。
今回で学科は免除になるはずなので、実技を取っておきたい。

合格までの効率重視するなら、通信講座も要検討

今回の私のような独学では、あまりお金はかからないものの、効率という面では不利な部分があると思います。
できるだけ最短で合格したいというような時間を重視する場合は、通信講座も検討する必要が出てきそうです。

WEB+DVDで学ぶFP3級の通信講座
スポンサーリンク

シェアする

フォローして更新を受け取る

スポンサーリンク