WordPressでブログ以外の情報サイトを作るためのプラグイン8個

例えば、次のような美容院のサイトをWordPressで作りたいときに、役立つプラグインを使用目的別にご紹介。

つくりたい美容院サイトの機能

・お店のニュースやお知らせを、通常の投稿記事で掲載する
・ロングやショートなどカテゴリに分かれたヘアスタイルを写真や紹介文とともに掲載
・スタッフさんのプロフィールを写真付きで掲載

1.いつもの投稿記事のほかに、ヘアスタイル、スタッフ、という投稿ジャンルをつくりたい

WPでは、カスタム投稿タイプという拡張機能を使って実現できる。
そこで、 Custom Post Type UI というプラグインを使う。
これによって、通常の投稿以外に、ヘアスタイル、スタッフ、という投稿ジャンル(カスタム投稿タイプ)が登録できる。
また、ヘアスタイルに、ロングヘア、ミディアム、ショート、ベリーショートなどのカテゴリーを追加するには、カスタムタクソノミーという機能を使う。

使用するプラグイン

Custom Post Type UI

プラグインの使い方

WordPress カスタム投稿タイプの使い方とその力

2.ヘアスタイルの詳細情報を、入力しやすくしたい

通常の記事投稿だと、タイトルと本文くらいしか入力する欄がない。
これ以外に複数の入力項目を作るときには、カスタムフィールドを使う。
そして、カスタムフィールドを使うなら、Advanced Custom Fieldsというプラグインが便利。

これで、例えば

・タイトル
・ヘアスタイルの写真(複数枚)
・ロングやショートなどのカテゴリー
・担当スタッフからのコメント

などの複数項目を入力できるようになる。

使用するプラグイン

Advanced Custom Fields

プラグインの使い方

「Advanced Custom Fields」でカスタムフィールドを自由にカスタマイズ!【使い方】

3.カスタム投稿タイプのURLを日本語URL以外で表示させたい

カスタム投稿タイプで投稿した記事は、デフォルトだと日本語URLになってしまうのが、あまり好ましくない。

このようなURLになってしまうのを
http://example.jp/hair-style/パーマ

↓のように変えたい
http://example.jp/hair-style/perm

使用するプラグイン

Custom Post Type Permalinks

プラグインの使い方

カスタム投稿タイプのパーマリンクをカスタム設定できるWordPressプラグイン・Custom Post Type Permalinks

4.投稿記事同士を関連づけたい

Posts 2 Postsというプラグインを使う。
用途は、ヘアスタイルの記事に、担当したスタッフを関連づけて掲載したり、スタッフの記事内にこれまで手掛けたヘアスタイルの写真一覧を表示させる、というような使い方ができる。

インストールには、プラグインのファイルダウンロードに加えて、記事を関連づけるための設定をfunctions.phpに記述するのでややとっつきにくさがあるが、いろいろな用途に使えそうな便利プラグイン。

使用するプラグイン

Posts 2 Posts

プラグインの使い方

Posts 2 Postsプラグインで、投稿やカスタム投稿タイプ、ユーザを相互に関連付ける(ひも付ける)

5.カテゴリーの表示順を入れ替えたり、管理画面でカテゴリーの複数選択ができないようにラジオボタンに変えたい場合

カテゴリーの順番はデフォルトでは、カテゴリーの作成順(idの順番)になってしまうが、例えばヘアスタイルのカスタム投稿タイプで、ロング、ミディアム、ショート、などのカテゴリーを追加した際、順番を入れ替えたいときに PS Taxonomy Expander を使う。
また、ヘアスタイルに複数のカテゴリーを選択できないようにしたいときに使える。

使用するプラグイン

PS Taxonomy Expander

プラグインの使い方

タクソノミーの使い勝手を劇的に向上させるWordPressプラグイン PS Taxonomy Expander

6.フリーワード検索の検索範囲に、カスタム投稿タイプで作った記事も含めたい

デフォルトでは、通常の投稿記事や固定ページしか検索されないので、Search Everything というプラグインでヘアスタイルやスタイリストのページも検索されるようにする。

使用するプラグイン

Search Everything

プラグインの使い方

Search Everything | WordPressとプラグインを使ってお店紹介サイトを作る方法

7.お問い合わせフォームを使いたい

信頼と実績の定番プラグイン Contact form 7。
カスタマイズするための情報も豊富。

使用するプラグイン

contact form 7

プラグインの使い方

使い方 | Contact Form 7

8.カスタム投稿ページにもSEO対策したい

カスタム投稿タイプのページ内の、タイトルタグやメタタグの記入もできる。これも定番All in One SEO Pack。

使用するプラグイン

All in One SEO Pack

プラグインの使い方

All in One SEO Packの設定方法

以上を応用して不動産物件サイトや、店舗検索サイトなど、多目的な情報サイトが作れると思う。

これらの便利なプラグインを作ってくれた人、解説記事を書いてくれた人に感謝!

上記プラグインを組み合わせて作ったワードプレスサイトの宣伝です。
横浜・湘南の工務店さん

スポンサーリンク

シェアする

フォローして更新を受け取る

スポンサーリンク

コメント

  1. おー!言及ありがとうございました。

    この記事、目的が書かれた上でのプラグインの選定で、とってもいい記事ですね:)

  2. htanaka より:

    Nishikawa様
    コメントありがとうございます!
    こちらこそPosts 2 Postsの情報、大変参考になりました。
    汎用性高そうですよね。これから使わせていただきます。