趣味サイトで収益を上げるための質問10個(事例付き)

Ss 2013 12 05 22 23 06

1人Advent Calendarやってます。

マネタイズなどは深く考えずに作ってしまった趣味サイト・海外マラソンナビだが、やはり気持ちを入れ替えてこのサイトで収益を上げるにはどうしたらよいか?をリーンキャンバスをベースに詰めてみる。

このサイトが解決する問題はなにか?

(最も大きな問題TOP3まで。多すぎるとブレる)

1.海外のマラソン情報をネット上で探すとき、旅行ツアー会社の、ツアー申込を促すページが多い。ツアーじゃなくて現地エントリーはどうすればいいの?→○
2.大会情報がキーワードやエリア、時期などで整理された情報が少ない →△
3.いずれの他サイトもスマートフォン表示に最適化されていない →△

この中で一番の問題=ニーズの強さとしては、1の、直接エントリーするための情報が不足している、それに比べ△の2つは他サイトで満たされていて問題と言えない。ということだと仮定してみると、このサイトでは、ツアー会社のサイトでは見つからない情報をメインコンテンツとして集めていくのが良い。

顧客=サイトのターゲットは誰か?

海外マラソンは経験がないがツアーには参加せずに、大会に出場してみたいと考える初中級ランナー。

あえて、海外マラソン初心者X自前でエントリーする人、というややマイナーな属性に絞る。

どうやって問題を解決する?

(実現可能か?最小限の解決方法を顧客にできること。)

ターゲット層にとって、わかりやすいコンテンツ、探しやすい情報設計。

情報をどこから集めるか?
海外マラソン大会に関する本、雑誌を探す。
他サイトも参照。
現地の大会サイトを翻訳する。
旅行代理店にヒアリング(TEL/客として訪問)
自分で海外マラソンにエントリーする
経験者に取材を依頼してみる
体験談募集ページも作成

顧客にとっての価値は?

(一言で言えるキャッチフレーズ、サービスのポジショニング)

国内最大級の海外マラソンに自前でエントリーするための情報サイト

他サービスとかぶらないところを見つけて、その点だけでは日本で一番を目指すくらいが必要。

他との違いは何?

(競合が全くいないより、いたほうがいい。)

旅行会社のツアーサイトには、表示されていない情報を出す。
情報量で圧倒できるかどうか。

仮設検証の方法

(問題が解決できているかどうかを数字で計測できる指標)

  • ページインデックス数(コンテンツ量)
  • PV数
  • リピート率
  • 滞在時間
  • ブックマーク数
  • RSS登録、FBいいね、ツイート数

ウェブ分析論、もう一回読み返して、最適な指標を検討する。

集客の方法は?

(商品3割、売り7割を意識。リソース少ない中で、人的セールスなしで顧客発掘できるか?)

無料チャネル

  • 内部SEO:KWとコンテンツ設計+定期更新
  • 外部SEO:とりあえず運営者ブログからのリンクのみ
  • SNS:FBページとtwitterアカウント作り更新情報、twitterはマラソン関連をフォロー
  • RSSフィード
  • 更新をメールでお知らせ
  • 興味をもってくれそうなマラソン関連ブロガーへ直で紹介

有料チャネル

  • PPC
  • プレスリリース。個人サイトでリリースできたか?

なにで儲ける?(収入)

広告収入型。

  • アドセンスの他、ターゲットにマッチしたアフィリ
  • 広告枠の販売

収益モデル例

  • 受託型:受託制作
  • レベニューシェア型:利益配分
  • 自社サービス型:サービス課金、有料アプリ、物販
  • 広告収入型:アフィリ、広告枠、マッチング報酬
  • ノウハウ提供:書籍、セミナー、メルマガ等

必要なコストは?(支出)

サイトのデザイン、システム構築
コンテンツの調査・ライティング
販促費用(PPC等)
サーバ、ドメイン

まとめ

それなりにアクセス稼いで収益目指すには、差別化できるコンテンツの量と質がやはり必須。

スポンサーリンク

シェアする

フォローして更新を受け取る

スポンサーリンク