FuelPHPの初級チュートリアルサイトを公開して半年が経過した結果

fuelphp学習帳

去年の6月頃からPHPフレームワーク・FuelPHPの私自身の勉強を兼ねて、チュートリアルをまとめたサイトを始めました。

FuelPHP学習帳

内容的には、FuelPHPのインストールや初期設定などから始まり、お問い合わせフォームやログインフォーム、簡易掲示板など、初級レベルのものです。

細々と月に1〜2回更新している程度なのですが、ひとまず半年経過したところで、ここまでやってきたことや、アクセスの状況などをまとめておきたいと思います。

アクセスの状況

ショボすぎる数字ですが、、一応公開してみます。

直近2014年12月単月のアナリティクスです。

Fuelアクセス状況

Googleがインデックスしているページ数は42ページ。

インデックス数

アクセス元はほとんどが、google/yahooの検索結果から。

オーガニック検索

検索ワードの上位はこちら。

検索上位ワード

ニッチすぎる分野なので、検索順位はそこそこ上がってます。

検索結果

検索結果2

まだ、40ページ程度の小さなサイトなので、月間アクセス6000PVというのは妥当かもしれません。
ひとまずの目標として月間1万PVを目指していきたい。

(追記)その後、1万PVになりました
FuelPHPのチュートリアルをまとめたサイトの月間アクセスがようやく1万PV超えました #fuelphp | 元営業マンのWEB研究メモ

収益面

現状では関連書籍のAmazonリンクを貼っているくらいですが、いまのところゼロに等しい(1冊本が売れたぽい)です。
A8のアフィリバナーを少し前から貼りましたが、全く無反応です。
Adsenseを貼れば、サーバ・ドメイン代くらいは出るかもしれません。

サイトそのもので収益どうのというより、自分のスキル向上を利点と考えて続けていくのがよさそうですね。

サイトの作り方

FuelPHPの解説サイトなのですが、FuelPHPでは作ってなくて、サイトそのものはWordPressで更新しています。
(お問い合わせフォームだけFuelPHPで作りました)

サイトデザインはBootstrapのFlatlyというテーマをカスタマイズしたものです。

トップページで使っているソースコードの画像は、Instacodeというサービスで作りました。
味気ないコードをInstagram風味にかっこよくしてくれます。

更新の手順

サイトの掲載しているサンプルはすべて手元の環境で動作を試してから、その画面キャプチャやコードを貼付けるようにしています。
手元の環境はMac+Vagrant上で動かしています。

長めのチュートリアルは、開発環境で実装しつつ、ところどころコメントを残しておいて、あとでまとめて複数の記事に順番に書いていっています。

ソースコードの表示は、表示がシンプルで扱いやすいので、gistを使っています。
コードをサイト内に書いていないので、コンテンツが薄くなってSEO的にはどうかな、と思ってましたが、いまのところあまり関係なさそうです。

作ったチュートリアルはセキュリティ的にちょっと心配なので、動作するデモは公開していません。
画面遷移など、動作を分かりやすくみてもらうために、一部アニメーションgifを貼っているところもあります。

WordPressで記事を更新したあと、TwitterとFacebookページにも流していますが、今のところ頻度が低いので手動で更新しています。

引き続き地味に更新していきたいと思いますので、ご興味ある方はフォローくださいませー。

サイトURL
FuelPHP学習帳

Twitterアカウント
@fuel_php

Facebookページ
Fuelphp学習帳Facebookページ

はじめてのフレームワークとしてのFuelPHP 改訂版
鈴木 憲治
ラトルズ
売り上げランキング: 25,922
改訂 FuelPHP入門
改訂 FuelPHP入門

posted with amazlet at 15.01.09
早川 聖司
ソーテック社
売り上げランキング: 24,399
fuelphp 逆引きガイド
fuelphp 逆引きガイド

posted with amazlet at 15.01.09
mkkn.info (2013-12-21)
売り上げランキング: 44,037
スポンサーリンク

シェアする

フォローして更新を受け取る

スポンサーリンク

コメント