横浜マラソン2015 参加案内の紹介

横浜マラソン

フルマラソンにエントリーしている3月15日開催の横浜マラソンの参加案内資料が郵送されてきたので、内容ご紹介とともに、大会に向けての注意点などを考えてみました。

横浜マラソン2015 | 横浜を走る、世界が変わる。

案内資料は拍子抜けするほど、かなりシンプルというか簡素なものでしたが、他の大会などでよくみかける、スポンサー広告だけに大量のページ数をあてて、分厚い小冊子にされるより、必要不可欠な情報のみ掲載した資料は良いと思いました。

郵送されてきたもの

次の2点が届きました。

10数ページ程度のパンフレット
資料

ゼッケン引き換え証。これをもって事前受付を行います
ナンバーカード引き換え

大会当日の受付は無し

大会当日の混乱を避けるためだと思いますが、ゼッケン受け取りなどの受付は、前々日か前日に会場のパシフィコ横浜に行って手続きする必要があります。

大会当日と事前受付に2回いくのは面倒にも感じますが、当日に長蛇の列に待たされて、他の準備ができなくなるよりは良いかもしれません。

遠方からエントリーの人は大変かと思いますが、代理人に受付を代行してもらう方法もあります。

第一回目開催のフルマラソンは注意

第一回目開催だった古河はなももマラソンに出たときに感じたのが、運営面でまだ改善がいろいろ必要、ということでした。

横浜マラソンもフルマラソンは今回が第一回目となります。

横浜は過去これまでに30回くらいハーフや10キロマラソンを開催してきているので、古河マラソンの事務局とは経験値が違いますし、大きな大会なので運営は当然十分入念に準備されているとは思いますが、それでも当日の状況等、読み切れないことも出てくるはずです。

例えば、トイレの数が、出場者と応援の人たちを含めると合わなかっただとか、手荷物預かりのさばきがやたら時間がかかってしまってレーススタート時刻に間に合わない人が出てくる、会場の動線が悪くて迷う人が多い、気温が想定より高くて給水の過不足が出る、などなど、さまざまな可能性があります。

まあ、当日にならないとわからない、というものですが、参加者は個人でできる事前準備は抜かりなく、当日は早め早めに動いていくことが大事です。

ラン歴2年の初心者ランナーが作るフルマラソン用持ち物リスト | 元営業マンのWEB研究メモ

コースの起伏は高速道路がポイント

まだ、コースの内容にしっかり目を通していなかったのですが、横浜マラソンは基本的には平坦なコースが続きます。
ただし、資料によると21キロ付近から32キロ付近まで、高速道路上のコースが、起伏が結構大きいです。

コースマップ

高速道路はレースの中盤から後半にかけてになりますので、前半飛ばしすぎて、滅多に経験できない湾岸の高速道路ランを全然楽しめない、ということのないように注意したいです。

横浜マラソンの目標は初のサブ4、と言いたいところですが、ここのところの練習不足に加え、ゴシゴシ追い込まずに横浜の景観をのんびりジョグで楽しみたい、などと軟弱な考えも出てしまっています。

当日までは、事前練習として20キロのレース2つにエントリー済みですので、そこで現状の走力を計りつつ、気合いを入れ直す予定です。

(追記)完走しました

横浜マラソン2015 完走しました | 元営業マンのWEB研究メモ

参考

真夜中の激走42.195km、横浜マラソンのコースを試走! 編集長・吉田とライター・山口は完走できるのか?[はまれぽ.com]

ゼロから始めるフルマラソンの本 (趣味の教科書)
ランニング・スタイル編集部
エイ出版社
売り上げランキング: 9,109
スポンサーリンク

シェアする

フォローして更新を受け取る

スポンサーリンク