gitでよく使うコマンドと設定

gitでよく使うコマンドと設定

gitでよく使うコマンドと設定の備忘用にまとめておきます。

リモートリポジトリの管理にgithubを使う場合、公開鍵登録の手順は以下を参照しました。
Generating SSH keys – User Documentation

gitコマンドまとめ

#秘密鍵を新規作成
ssh-keygen -t rsa -C "mail@example.com"

#作成した秘密鍵の登録
ssh-add ~/.ssh/id_rsa

#githubへのSSHアクセス確認(公開鍵、登録後)
ssh -T git@github.com

#bitbucket.orgへのSSHアクセス確認(公開鍵、登録後)
ssh -T git@bitbucket.org

#初期設定
#configの設定内容を見る
git config -l
#nameの設定
git config --global user.name "watashino namae"
#emailの設定
git config --global user.email mail@example.com
#出力に色づけ
git config --global color.ui true

#フォルダ名を指定して、cloneする
git clone git@github.com:user/reposname.git <フォルダ名>

#ローカルのフォルダをgit用に初期化
git init

#branch情報やコミットの状態を確認する
git status

#ファイル追加(ステージする)
git add testfile.php

#フォルダ含む、全ファイル追加
git add .

#deletedファイルを一括してgitから削除
git rm $(git ls-files --deleted)

#コミット
git commit -m "add test01.php"

#addを省略してコミット
git commit -a -m 'add filename'

#全ての変更とローカルコミットを捨てる場合、サーバーから最新情報を取得し、masterブランチがそこを指す様にする事ができます。
git fetch origin
git reset --hard origin/master

#コミットできたかログ確認
git log

#グラフでコミットログ見る
git log --graph

#ヘルプを見る
git --help

#リポジトリに反映する
git push

#masterブランチの内容をoriginサーバ(だいたいリモートリポジトリ)へ反映。
#-uオプションを付けると、次回からgit pushだけで、origin masterへpush。初pushのときはつけておけばOK。
git push -u origin master

#ブランチの一覧を見る
git branch

#ブランチ「dev」作って、そのブランチへ切り換え
git checkout -b dev

#masterブランチへ切り換え
git checkout master

#マージ
#(予めgit checkout masterでmasterへ移動し、ブランチissue1をマージする)
git merge issue1

#ブランチの削除
git branch -d [branchname]

#リモートリポジトリのブランチ削除
git branch -d [branchname]
git push --delete origin [branchname]

#変更されたファイルの差分(addするまえのファイル)
git diff

#変更されたファイルの差分(addした後のファイル)
git diff --cached

#リポジトリからファイル除外(ファイルは削除されない)
git rm --cached <ファイル名>

#ステージエリアを直前のコミットまで戻す。作業ディレクトリは変更なし。
git reset --hard

#最新のコミットを取消して、その前のコミットの状態にもどす(コミットの履歴は残らない)
git reset --hard HEAD~

# 過去の指定したコミットの状態まで戻す(コミットの履歴は残らない)
git reset --hard [コミット番号]

# コミットの打ち消し(コミットの履歴は残す)
git revert [コミット番号]

# 過去のコミット一覧を見る
$ git reflog

# 直前のコミットの変更箇所を表示
git diff HEAD^ HEAD

# 直前コミットの変更の情報
git diff HEAD^ HEAD --stat

# 特定ファイルの変更履歴を見る
git log --follow -p filename

#現在のブランチと指定したブランチでの差分ファイルを確認
git diff --name-only {差分を見たいブランチ名}

#指定したブランチのファイルの差分を確認
git diff {ブランチ名} {ファイル名}

#別ブランチから特定ファイルのみ、取り込む
git checkout {ブランチ名} {ファイル名}

参照用

gitでリモートのブランチにローカルを強制一致させたい時 – Qiita

シェアする

フォローして更新を受け取る